本文へ

トップページ > チームパフォーマンスモデルから学ぶ、成果が出るチームの作り方・育て方

チームパフォーマンスモデルから学ぶ、成果が出るチームの作り方・育て方 チームパフォーマンスモデルカラマナブセイカガデルチームノツクリカタソダテカタ

主催者:NPO法人日本ファシリテーション協会四国サロン

【チームパフォーマンスモデルから学ぶ、成果が出るチームの作り方・育て方】
「チームパフォーマンスモデル」が再び四国サロン例会にやってくる!なんと、今回はモデルを紹介するだけではなく、実際のチームでサーベイを行い、その結果をもとにチームの中でどんな変化が起こるかを参加者とともに検証していくという、臨床的診断のプロセスも体感していただきます。

ファシリテーション・グラフィックの元祖ともいわれるデビット・シベット氏が、長年にわたる組織コンサルティングの実践から体系化した「チームパフォーマンスモデル」はチームをつくり、チームとして機能し成果を上げていくまでの過程を7つのステージに分け、それぞれの段階で、どんなことが起こるかを定義したモデルです。

7つの段階は、下記の通りです。
・オリエンテーション ⇒ 「私たちはなぜここに集まったのか?」
・信頼の醸成 ⇒ 「あなたはどんな人?」
・ゴールの明確化 ⇒ 「私たちは何を目指すのか?」
・コミットメント ⇒ 「私たちはどう協働するのか?」
・実行 ⇒ 「誰が・何を・いつ・どこで・やるのか?」
・ハイパフォーマンス ⇒ 「Wow!(チームが機能し成果が見える!)」
・リニューアル ⇒ 「私たちはどう継続するのか?」

Team Performance Model(The Grove Consultants InternationalのHP)
(http://www.grove.com/methodology_drexlerSibbetTeamPerformanceModel.php)
日本語で紹介されているページ(http://www.ryuzee.com/contents/blog/7096)

チーム活動に関わるファシリテーターがこのモデルを知ることで、チームの中で今何が起こっているのか?ファシリテーターはその場にどのような働きかけをすべきか?最終的にチームが成果をあげていくためにはファシリテーターとしてどう関わっていけばいいのか理解できるようになるでしょう。
『ビジュアル・ミーティング』の翻訳に携わり、Grove社で「チームパフォーマンスモデル」のトレーニングを修了した九州支部のヒラヤマが、このモデルをみなさんにご紹介します。

詳細な内容はこちら

開催内容

開催場所 高松テルサ 303会議室
所在地 〒761-0113
香川県高松市屋島西町2366-1
開催期間 2019年01月19日 ~ 2019年01月19日
開催時間 13:00 ~ 17:00
参加料 FAJ会員千円、一般2千円

申込み

参加申込 必要
https://www.faj.or.jp/base/shikoku/event/2019119in/
申込期間 2018年12月16日 ~ 2019年01月19日

お問合せ先

名称 NPO法人日本ファシリテーション協会四国サロン
名称
(フリガナ)
ニホンファシリテーションキョウカイシコクサロン
担当者 十川 智美
所在地 〒769-1501
香川県三豊市豊中町比地大967-1
メール
アドレス
sf_ken@googlegroups.com

前のページに戻る